【WordPress】大量のインポートで500エラーが出て進まない時の対処法

【WordPress】大量のインポートで500エラーが出て進まない時の対処法
標準

ブログの引越しで、大量のページをインポートしようとすると「500 Internal Server Error」という内部サーバーエラーが返ってきて先に進めなくなってしました。

これは、インポートを2回に分けて行ったために、1回目の大量インポートでサーバー側から規制がかかったものと推測されます。(当方Xサーバー)

1回目のインポート作業で、約7000ページ、約9000メディアを一気に上げたので当たり前と言えば当たり前かなと。

ログインはできるのですが、サーバーに負荷のかかる作業に関しては速度規制のような状態に陥りました。

行いたい作業は以下↓↓↓

・残りの記事のインポート
・追加画像の認識

今回は、記事の追加インポートの方法です。

他のインポートツールを探してみましたが、FC2ブログ(txt形式)からのインポートのプラグインが見つからず、標準のインポートツールで行いました。

まずは、txtファイルの名前を「mt-export.txt」に変更して、/wp-content/のディレクトリーにアップロードします。

インポートツールから「mt-export.txtのインポート」をクリック↓↓↓

【WordPress】大量のインポートで500エラーが出て進まない時の対処法

これでダメな場合は、mt-export.txtの中身を小分けしてアップロード→インポートを繰り返すようになります。

一度インポートして500エラーが返ってきた場合でも、エラーが出るまでの分はアップロードされていますので、再度インポートボタンをクリックすると続きからアップロードをしてくれます。

データが重複することはありません。

僕の場合は、4000行ずつ(約80記事ずつ)ひたすらインポートしました。

エラーを返すまでの時間は、php.iniで変更できるのでそれで読み込む時間を変更できると思います。

Xサーバーの場合、php.iniファイルはサーバーのコントロールパネルから変更できます。

こうなるとかなり面倒なので、なるべく一度で全記事インポートすることをオススメいたします。

参考までに。

Byさちお


Amazon.co.jpで人気の『wordpress』関連商品はこちら↓↓↓

[amazonjs asin=”4295000795″ locale=”JP” title=”いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)”]

[amazonjs asin=”4774182184″ locale=”JP” title=”小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう!”]

[amazonjs asin=”4797395168″ locale=”JP” title=”本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる”]

この後に読まれている記事は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA