【Google】ウェブページの表示時間を 測定・改善する方法

【Google】ウェブページの表示時間を 測定・改善する方法
標準

自分のウェブページ・ブログの読み込み時間(表示時間)を3段階評価してくれるGoogleのサービス「PageSpeed Insights」は、速度を速めるための改善提案もしてくれるので便利です↓↓↓

参考:PageSpeed Insights

「PageSpeed Insights」のページにアクセスして、対象のURLを入力して「分析」をクリックします↓↓↓

 【Google】ウェブページの表示時間を 測定・改善する方法01

すると、モバイル表示・PC表示で表示速度を3段階で評価してくれます↓↓↓

 【Google】ウェブページの表示時間を 測定・改善する方法02

100点評価なので、できるだけ点数を上げて↓↓↓

 【Google】ウェブページの表示時間を 測定・改善する方法03

緑色を目指します。

「PageSpeed Insights」は、速度計測だけではなく「改善提案」もしてくれるので、それを見ながら改善していくと良いです。

改善提案の例がこちら↓↓↓

  • 画像を最適化する
  • 圧縮を有効にする
  • ブラウザのキャッシュを活用する
  • スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する
  • サーバーの応答時間を短縮する
  • JavaScript を縮小する
  • CSS を縮小する

すでに対策済みのものは「適用済みの最適化」としてリスト表示されています。

以上です。

Byさちお

この後に読まれている記事は?


オススメのレンタルサーバーはこちら↓↓↓

 

オススメのドメイン取得サービスはこちら↓↓↓

 

この後に読まれている記事は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA