【iPhone】消せない標準アプリを非表示にする方法-裏技

消せない標準アプリを 非表示にする方法
標準

iPhoneユーザーなら誰もが思っているだろう「このアプリいらなくね?」といういくつかの標準アプリを、iOS9から消す方法があるということでやってみたところスッキリ消えたのでメモ。

1.いらないアプリを1つのフォルダにまとめる。(一度に9個まで?)
2.まとめたフォルダ内のアプリ1つをロングタップ(押さえっぱなし)で画面端に持って行き2ページ目に移動(指を離す)。
3.再度そのアプリをロングタップして画面の端へ持って行くとフォルダ下部の点が3つになるので、一番右が白丸になったら指を離し素早く(アイコンが戻る前に)ホームボタンを押す。
4.これを繰り返しフォルダ内を空っぽにしホームへ戻るとフォルダも綺麗に消えてなくなります。

やり方がよくわかる動画↓↓↓

これでスッキリ♪

ちなみに、この動画だと3の作業がゆっくりなのですが、僕のiPhone5sだと素早くやらないと出来なかったので、上手く行かない方はそのやり方でやってみてください。

アイコンが消えただけでアプリ自体は残っているので必要なときはホーム画面から検索で実行できます。

しかし、iPhoneを再起動すると復活してしまうので<一時しのぎ>の裏技ですね。

参考:How to make iOS 9’s default apps disappear


オススメのレンタルサーバーはこちら↓↓↓

 

オススメのドメイン取得サービスはこちら↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.